感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
学生ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」 2010年、1月23日公開
【 2010年01月19日付 15時08分 発行 by ネットの声 】

おお、これは何やら期待出来そうな、面白そうな映画を発見。

日本において、学生映画では、初の試みとなる911真相解明をテーマに取材したドキュメンタリー映画です。

公開は、2010年、1月23日。
4日後の、今週土曜日に初公開です。

1_20100119145142.jpg

新聞にも掲載されています。
期待も高まります。

2_20100119145152.jpg

注目されてますね。

3_20100119145202.jpg

公式サイトより http://911children.com/

「世界中の人々が、あの日あの時、自分は何をしていたかと語れる日」

2001年9月11日、この日を境にアメリカは、日本は、そして世界は大きく変化しました。
アフガニスタン、イラクへと進む「対テロ戦争」。
しかし、時が流れるにつれ浮き上がる様々な疑惑。
陰謀論という言葉で形容されるこれらの疑惑を、この日本でも実際に追求する人々もいます。


9月11日、それはあまりにも印象に残る出来事でした。

「学生映画で初の試み」

このような形で日本において真相究明に動いている人々を取材する映画は、日本で、そして学生映画で初の試みとなります。
更に、彼らへの取材だけでなく、秋葉原などの都心や、各地大学での若者への取材など、学生監督ならではのリアルな今の若者の声を拾います。
最終的には米国の若者や、戦地の避難民の現状をも取材していきます。
海外も含む各地映画祭にも出品予定です。

■監督からのメッセージ

「反戦」・「平和」が大事ということは誰でも知っています。そのメッセージ、テーマをどのように描くかが重要です。

本作は、学生の立場から自分たちを含めた若者に送る、戦争をテーマにしたドキュメンタリー映画です。
戦争を体験したことがなく、平和な世の中に生きていると言われる僕らがどのように戦争というものを考え、映画として表現するのか。
今の若者のリアルな声や、多くの著名人の見解から、疑問が多くあがる9・11事件を様々な角度から考えていきます。

日本では9・11テロがきっかけで現在まで続いているイラク・アフガニスタン戦争を遠い外国で起きた事件という認識が高い中、日本は、僕らは、どのような立ち位置を示しているのか。
今の世の中の知られざる現実や、多くの疑問を考えるきっかけになればと思います。
.
本当は、アメリカという国は無い。米国はヨーロッパが作ったファンドです。
【 2010年01月18日付 18時21分 発行 by ネットの声 】

スタイルFMで、原田武夫さんの動画を拝見しました。

東大卒、元外務省勤務で現在、国際情報戦略研究所所長として活躍している方です。

元外交官の視点から、世界情勢を明快で分かりやすく解説して下さっています。

1_20100118175314.jpg

原田さんは、「アメリカという国は無い」と語っておられました。

同感です。




原田さんの言葉。
「私はアメリカという国は無いと思うんです。アメリカというのは、大きなファンドである。ヨーロッパが作ったファンドです。」

「今、非常に捩れているのは、アメリカを作った建国の時、独立戦争の時のお金を与えた勢力と、アメリカを乗っ取ろうとした勢力のせめぎ合っているからです。」

動画 第1部
http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=135

動画 第2部
http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=136

まもなく有料に切り替わるので見れなくなります。

消える前に、じっくりと記憶に留めておこうと思います。
.
これは惨い・・・めちゃくちゃだ。外国人参政権の裏側。
【 2010年01月17日付 14時29分 発行 by ネットの声 】

いよいよ、情勢が慌しくなってきました。
いろいろな所で、正念場を向かえてきそうな気配です。

拡散推奨記事を拝見しました。

外国人参政権の実態について記載されています、

これは酷すぎです・・・惨すぎ・・・無茶苦茶すぎ・・・
ほんとに情けなくなってきます。

日本って一体何だ?政治って何だ?
正義ってなんだ?


もう政治には期待してないけど、この記事は応援します。

当サイトは、保守ブログではありませんが支援します。
これは、もっと拡散されるべき


イルミナティの奴らには、好き勝手にはやらせん、やらせはせん・・・という主張に反対する人は少ないでしょう。
この意見には多くの賛同が得られると思います。

同様に、イルミナティが支配する傀儡政権の好き勝手にはやらせん、やらせはせん・・・という主張はどうでしょう。

この主張も、同じです。
賛同されるべきです、視野が狭くも無いし、けして批判されるべき主張ではありません。
なぜならば、ここは日本だからです。

感銘を受けた二階堂さんの言葉。
『右翼というのは、ただウルサイだけのバカに見えるかもしれないし、中には暴力団と同じになっている奴もいるだろう。しかし、暴力団だろうと右翼であろうと一般民だろうと、国を思うために行動している奴を止める権利はない。思想を広めるために真面目にやっている右翼もいる。少なくとも、犯罪行為により経済的利益を得ることが主目的の集団である「暴力団」よりは全然マシだ。というより、日本のためにまともに活動しようとしている奴を暴力団の威力をもって圧力をかけるとは何事だ!!!じゃぁ何か?この国では暴力団が一番偉いのか?政治家も右翼も一般人も脅しているような連中が偉いわけないだろう。 』


「暴力団だろうと右翼であろうと一般民だろうと、国を思うために行動している奴を止める権利はない。」
↑このフレーズが好きです。


価値観の違いや、社会的立場や、主義主張の違いがあれど、国を思うために行動している人を、貶す権利は誰にもありません。


だからこそ自信を持って応援したい。

この抵抗は昨日も書きましたが、時代の本流に逆らっているのかも知れません。
勝ち目の薄い抵抗なのかもしれません。

それでも国を思うために行動している人を尊敬しています。



以後、拡散推奨記事。
誰でも転載自由みたいです。

------------------------------------------------------------------------------------------

下記のような貴重な体験が投稿されたので急ぎお知らせします。
皆さん 拡散に協力してください。保守ブログに行ってコメントに転載してくださいませ!!

外国人参政権のある重大な問題点は、もうどこかで誰かが言っているだろうとか、そろそろ知れ渡るだろうと、昨年から高をくくっていたのですが、いっこうにネットで見当たらず(ということはマスメディアではもちろん見当たらず)、タイムリミットが近づいてきてしまい、危機感を強めたため書き込みします。

私の妻は永住許可を持つカンボジア人ですが(私は外国人参政権に反対です。妻は関心がありません。)、現在の外国人登録制度がどうなっているかと申しますと、まず、日本人の場合には、旧住所から新住所に住民票を移すと、役場から役場へ通知連絡がいくわけです。

ところが永住者といえども外国人の場合は、「外国人登録」という言葉通りに登録制なのです。

結論から先に申しますと、いくつの自治体にも登録できます(利用できる住所があれば)。

パスポート側にもどこの自治体で登録したなどの記載は残りません。

住民票にあたる「外国人登録原票記載事項証明書」にも過去の住所録は載っていません、届けませんから。

外国人ですから住所を生まれた時まで辿る必要がないという建前はわかりますが、昨年、自民党や法務省が登録法を変えようとしたときに民団、総連が反対した理由がわかる気がします。

いくつでも現住所が持てるのです。

対馬に在日韓国人が住所をみんなで移したらどうするだという意見がありますが、移す必要すらありません。
新たに加えるだけです。

もちろん、本当に住んでいる場所以外は収入がありませんから、生活保護の不法受給にも悪用可能です。

住民基本台帳に入っていませんので自治体が変わると検索の仕様もありません。

横浜で暮らし、川崎で生活保護を受けて、両方で選挙権を行使する。

現在の制度では可能です。

もし既知の事項でしたら長文の失礼お詫び申し上げます。
―――――――――――
最近も区役所に行きましたが、単にパスポート上の、入国管理局が発効した滞在許可の種類、期間を確認するだけで、外国人登録証が貰えます。
そして登録されます。

引っ越し前の住所など書く必要がありません。

入国管理局で一括管理しようとしたら、民主、公明が反対して、潰したと記憶してます。

なぜ反対だったか国民はわからなかったんじゃあないでしょうか?


<--- 引用ここまで  以下は、皆さまの反応です。
--------------------------
2010/01/13 04:32、ひどい~!ひどすぎる~。もういいかげんにしてほし~。

2010/01/13 06:42、これは、知り合いの政治家に聞いてみます。知っているかどうも怪しいですね。
滞在する外国人が全部悪事を働くとは思えませんが、在日は何でもありですから、我々の納めた税金がこんな使われかたしているのでは、ざるに水を入れているようなものです。

2010/01/13 10:32、ざるです。ざる!日本の外国人に関する法律は大甘としかいいようがありません。とりあえず。拡散したらよいのですね。

2010/01/13 10:39、貴重な情報ありがとうございます。これ、酷い話ですね。
朝鮮人のしたい放題じゃないですか。おそらく今回の法案では現状維持のまま通過させようとするんでしようね。小沢、鳩山、こやつ等は心底売国奴ですね。

2010/01/13 15:31
これはホンマにヤバイなぁ、在日朝鮮人が何をしてもバレナイ、まさに ザル法とはこの事では無いですか、民主、公明はもう本当に許せない売国奴どもやな、これは早く拡散すべきですね、一人でも多くの日本人に知らせなければ参政権もそうですが、日本国民をバカにするようなことばっかり、今の国会議員たちは選挙に通る事しか考えていない、日本国民の税金は頼むから日本人の為に使ってと言いたい

2010/01/13 16:16、ひどいですね。一騎当千ということが現実に可能となるいうことですね!こんなことされたら日本崩壊ですね!信じられない悪夢ですね、何とか阻止せねば!
2010/01/13 20:44、亀井大臣に参政権反対の応援メールしようとしたら、
サーバーパンクしそうになってて一時停止中になってた・・・
http://www.kamei-shizuka.net/home.html外国人参政権なんてとんでもない!と思う方、外国人参政権反対!ねこ漫画フラッシュ、日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。登録無料!!  日 心 会 ご入会は

①ハンドルネーム、②お住まいの都道府県、③メールアドレス、
の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
.

<< 前のページ  | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。