感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
ウィキペディアに「日本における外国人参政権」のページが登場!
【 2010年01月23日付 16時57分 発行 by ネットの声 】

フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)に、「日本における外国人参政権」という新ページが登場しました。

このページは炎上しやすい要素が多分に含まれてます。
編集合戦が激しく繰り広げられることが予想されます。

今後の編集内容に注目したいと思います。

1_20100123165641.jpg

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本における外国人参政権
スポンサーサイト
.
深海魚リュウグウノツカイの漂着が続いている。大異変の前触れか!?
【 2010年01月22日付 16時25分 発行 by ネットの声 】

リュウグウノツカイという深海魚の漂着が続いているそうです。

「竜宮の遣い」とも著せるのでしょうか、実に品格のある名前ですね。

この深海魚、昔から「地震の前触れ」、「地震を呼ぶ魚」として言い伝えられてきたそうです。

深海は潮の流れの穏やかで、深海魚にとっては、住み心地の良い環境のはず。
それを、まったく環境の違う場所に移動することは、何か異変が起こる前触れとも推察できます。

科学的な根拠はありませんが、この漂着現象が続いている以上は、警戒に値すると思います。

1_20100122160741.jpg

またまたリュウグウノツカイ 千里浜で2匹、石川県内で漂着続く

石川県内の海岸で今冬、深海魚リュウグウノツカイの漂着が続いている。19日も羽咋市から宝達志水町にかけての千里浜海岸で各1匹の死骸(しがい)が見つかった。先月からの漂着は分かっているだけで6匹を数え、関係者は不思議がっている。

 リュウグウノツカイは、銀色の肌の長い尾と赤色の背びれを持つ外見が特徴。のとじま臨海公園水族館(七尾市)によると、水深1千メートルから200メートルに生息するとされるものの、生態は不明という。

 19日午前7時半ごろ、千里浜海岸をランニング中の羽咋走ろう会メンバーが体長2メートル超の死骸を相次いで見つけた。今月に入り、9日にかほく市と内灘町、11日に羽咋市の海岸で各1匹が見つかっている。先月23日には志賀町にも打ち上げられた。同水族館の池口新一郎展示・海洋動物科長は「あんまり現れるものじゃない。今冬は日本海側を中心に各地で漂着情報が多いが、どうしてだろう」と首をかしげた。

 リュウグウノツカイの漂着は、地震の前触れという言い伝えもあるが、根拠はない。

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20100120105.htm

地震驚いて?美浜の浜辺に深海魚 リュウグウノツカイ

福井県美浜町坂尻の海岸に10日、深海魚の「リュウグウノツカイ」が打ち上げられた。地元の漁師たちは「昨日の地震でびっくりして出てきたのか」などと冗談まじりに、珍客を迎えた。

 このリュウグウノツカイは全長約4メートル、太さは最大で約30センチ。同日午後1時半ごろ、赤いひれを立てて浜辺付近でうごめいているのを地元の漁師が見つけ、引き上げた。

 間もなく死んだが、見慣れないグロテスクな姿に、遊びに来ていた子どもたちもびっくり。県海浜自然センター(若狭町)によると、この時期に浜に打ち上がったり定置網にかかったりすることが多く、「普段は深海にいるが、海がしけた後比較的穏やかになったところで、浅瀬に迷い込んだのでは」とみている。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news3/article.php?storyid=1147
.
イルミナティ中国支部が人間家畜管理体制を強化
【 2010年01月20日付 14時14分 発行 by ネットの声 】

イルミナティ中国支部による人間家畜管理体制が一層強化された模様です。

今回は、携帯メールを政府が検閲するというもの。

どんどん、人間の家畜化が進行していますね。

このまま往くと、人類に自由は無くなってしまうのでしょうか。

息苦しい、怖い世の中になってきました。

1_20100120141031.jpg


中国、1日17億通以上もの携帯電話メールの検閲を開始

Googleの撤退騒動で何かと騒がしい中国のインターネット界だが、中国政府はインターネットのさらなる規制強化を開始した。なんと携帯電話のメールの検閲を始めたのだ。

 検閲対象は世界1位の携帯電話キャリア中国移動通信と世界3位の中国聯合通信の2社。なかでも中国移動通信は5億800万人のユーザーを抱えており、メールの通信数は1日につき17億通にのぼる。

 地元の新聞社の話では、すでにメールに卑猥な内容が含まれていたため携帯電話をブロックされた男性もいるという。男性は携帯電話を復活させるために身分証明書を警察署へ提出したうえ、もう二度とそのようなメールを送らないことを文書で誓わされたそうだ。

 中国移動通信は、ポルノ、暴力、詐欺、テロリズムの提案、犯罪への扇動、そしてギャンブルに関する内容を含んだ“違法なメッセージ”はすべて警察へ報告すると話している。 

出典: http://digimaga.net/2010/01/china-begins-monitoring-billions-of-text-messages.html
.

 | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。