感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
コンプレックスを隠さない化粧の薦め ~自分らしさが大事
【 2012年09月17日付 15時07分 発行 by ネットの声 】

ilm19_cb02066-s.jpg


コンプレックスは誰でも持っているもので、化粧品で何とかなるものもあります。
嫌なものは隠したいと思うのは自然なことで、化粧品選びも、そこから入ってみると楽かもしれません。

けれども、化粧品をコンプレックスを隠したりごまかしたりすることに使うのは、もったいないと思いませんか。

自分では当たり前に思っていた部分が、他の人から見たら魅力的に見えたり、自分の中ではコンプレックスを感じている部分でも、その人らしさが出て良いなと感じることもあります。

友達同士で外見を褒め合ったりすることも、無いことは無いと思いますが、お世辞だとか、気を遣っているだけだと思い本気にしないこともあるでしょう。


デパートの化粧品売り場には、何十人もの人の顔にメイクをしている販売員さんがいます。
化粧品を見ていれば話し掛けてくれますので、自分の理想に近いモデルさんのポスターがある売り場にふらっと立ち寄ってみてはどうでしょう。

買ってもらう為に、いろいろと勧めてくることもありますが、一度買わなかったくらいで態度が変わることはありません。

基礎化粧品ならサンプルを貰って、自分に合うかどうかしっかり判断しましょう。


化粧品は安いものではないので、販売員さんと相談しながら季節や流行に合わせて選べば安心です。販売員さんはプロなので、コンプレックスを指摘して嫌な気分にさせたり無理に買わせたりはしないでしょう。何度も店頭に足を運んで貰って、定期的に新製品を買って貰うのが理想のはずです。利用する側も、あからさまに試すだけという態度は取らずに、上手に利用しましょう。

自分分に合ったポイントメイクや、肌質が分かってくれば、インターネットで化粧品を安く手に入れることも可能です。
まずは何人かの販売員さんと話をしてみて、いろいろ試してみましょう。


初めての化粧品購入体験談 ~小麦色肌がコンプレックスな私


高価な化粧品を使うことも経験の一つで、安価な良い化粧品を探し出すのにも役に立ちます。


若いうちはいろいろなカラーを試しても、会社でも許されます。

ナチュラルメイクも自然で素敵ですが、それにワンポイント加えたメイクはオシャレですよね。
ワンパターンではなく、遊び心もあってキチンとしたメイクをしていると、社内でも評価が上がることがあると思います。

特に仕事において、見た目は関係ないというのは幻想で、実際にキチンとしていないとだらしなく見えて、それなりの評価しかされません。身嗜みの一つですので、仕事だと思って勉強しましょう。
スポンサーサイト
.
青色のスパイクシューズ 一人のスパイクを履いた子供
【 2012年09月13日付 16時34分 発行 by ネットの声 】

sprt030-s.jpg


スパイクを履いた子供のフルスイングの様子です。
野球のチームに入って頑張っている少年

青色のスパイクが恰好いいです。

ユニホームも白地に赤のラインが入っていて強そうです

イメージした青のスパイクはこちらです。
野球のスパイクは黒が圧倒的に多くて、他の色は貴重なほどに珍しいです。




艶のある鮮やかな青色スパイクは爽やかな青年というイメージにピッタリです。


子どもが野球を始めたいと言った時


二人は、窓を開けて、外をのぞきました。

澄すみわたった、月つきの光ひかりに照てらされて、さながら、水みずの中なかを見みるような往来を、一人のスパイクをはいた子供が、駆けていました。
「だあれ?」と、正吉
しょうきちくんが、叫さけびました。


「正しょうちゃん、僕ぼく!」

 それは、意外にも、勇いさむちゃんの声でした。

「勇いさむちゃん、どうしたの?」
「僕ぼく、スパイク買かってもらって、うれしいのだよ。」
 そういった、勇ちゃんの声こえは、たしかに、うれしそうでした。
「まあ、いま時分、どうしたの?」と、お姉さんがいいました。

「お父さんが帰かえっていらっしたから、お母に買かってきてもらったのだ!」
「じゃ、僕ぼくも明日あす買かってもらおう。」
 二人ふたりの少年しょうねんは、月つきのひかりを浴あびて、朗ほがらかに笑わらいました。

スポーツ用品の派遣アルバイト
.
NANA(ナナ)を読んでみました
【 2012年09月07日付 16時34分 発行 by ネットの声 】

nana111.jpg


私は「 矢沢あいさん作品のNANA 」を読みました。
映画化されているほど人気の高い作品だけに、とても面白く早く次の巻が読みたくなるものでした。

同じ名前のナナという2人の女の子が、出会い、友情や夢や恋に真剣に向かっていく漫画です。
すごく遠い話というよりは、今の若者が抱えているリアルな悩みや自分たちにも経験があるような出来事が描かれているため、読んでいて共感する部分が多かったです。

あとは夢に立ち向かって頑張る姿に勇気づけられるものでした。

2人のナナは性格も考えも全くの正反対なのに、とても仲が良く、友情を深めていくところが面白かったです。
夢を追って上京をし、歌手デビューを夢みながら、ひたむきに頑張るナナに対し、恋愛体質ですぐに男に騙され、何事もうまくいかないナナ。

お互い同じアパートに住み、いろんな悩みを抱えてそれでも必死に生きようとするところが、共感でき、こんな友情があったら、いいなと羨ましく思いました。


同じバンドの人を好きになり、その憧れの人と結婚してしまうという斬新なストーリーですが、女の子であれば、一度は憧れるシチュエーションが描かれているため、自分もその中に入っているような感覚になり、こんな素敵な人生が待っていたらと夢を見させてくれる場面もとても良かったです。

少しずつ2人のナナが大人になっていく姿と、2人の気持ちが少しずつすれ違いながらも、やっぱり1番大切なのは、友情なのだと教えてくれる作品でした。
.

 | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。