感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
リフォームで太陽光発電を設置しました
【 2013年07月24日付 17時22分 発行 by ネットの声 】

a0001_015012.jpg

先日、リフォームで家をオール電化にしました。

我が家でも太陽光発電を設置することにしたんです。
前からエコには興味があったので機会があればと、元々我が家では太陽が当たる屋根に影が出来たりして発電量を邪魔するものが無かったので、それならと太陽光パネルを設置してみようと思ったんです。

パネルの設置にはお金がかかってしまうけど、国の補助金が出るので利用すればなんとか10年ちょっとぐらいで元が取れるかなということもあり、それと何といっても月々の電気代が安くなるし、家で発電した時に余った電気は国が買い取ってくれるというので安心だと思ったのが導入のそもそものきっかけです。

それと料理にはガスを使用してましたが、リフォーム後はIH調理台に替えるので、月々ガスに掛かっていたお金も必要無くなるというメリットもあります

設置をすることが決まってから、何社かに見積もりを取りました。

パネル自体の発電量や保証期間、設置費用など、それぞれ少しずつ違って、性能や価格をトータルに考えると正直どこにすればよいのか迷いました。でも数社見積もりを取ることで比較になったし、概要が詳しく分かったので、細かな金額を比較して納得して選ぶことが出来ました。

工事を終えてみると、家に設置した太陽光発電のシステムが家の中から確認できるで面白いです。

モニター画面を見て、毎日の発電量が分かります。
やはり天気の良い日はすごく発電してくれるますね。こうやってどのぐらい使っているかも、目で確認できるようになったので、おのずと家族で節電に励むようになった気がします。
スポンサーサイト
.
かいごDBで老人ホームが見つけられました
【 2013年07月20日付 13時08分 発行 by ネットの声 】

a0002_009213.jpg

たくさん種類があって困ってしまいましたが・・・かいごDBで見つけました。

いつかは決めなければならないと思いつつ後回しにしてしまっていた高齢の両親の介護や住居のこと・・・。
いつまでも元気だと思っていた両親もだんだんと体力も落ちてきて母は家事も大変そうです。

私達夫婦は共働きな為こちらで一緒に暮らしたとしても私が仕事を辞めない限り両親の面倒は見る事ができません。
また、両親もこちらを気遣ってか、この長年住みなれた地域からははなれたくないと伝えてきています。

夫と話合い、両親の希望を優先して現在住んでいる地域で老人ホームを探そうということにしました。
いざ、老人ホームを探してみますとたくさんの種類のさまざまな施設があることにおどろいてしまいました。

費用、特徴、両親の健康状態などでえらんでいくのが良いみたいなのですが、私の両親ともに要支援の判定がされたときています。
住宅型というタイプがあって普段と変わらないような暮らしができそうだったのと両親の自宅から近いところに建設中のところがあったので、こちらにお願いしようかとかんがえたのですが資料を送っていただいたところ、こちらの施設では健康状態が悪化すると退去しなければならないそうなので、やめました。

老人向けの施設だからきっと体調の悪化にも対応してくれるものと思っていましたが他の健康な方と公平にということなんでしょうね。重度の介護者がいると設備も変わってくるでしょうし・・・。

次の住宅を終の棲家にしてあげたいので、重度の介護が必要になっても介護をうけながら住み続けられる住宅、という条件でさがして見ることにしました。

介護付き有料老人ホームでいまいくつか良さそうなところがありましたので近々主人と休みをとって見学してこようと思います。

最初はたくさんありすぎて困りましたが「かいごDB」で探していくうちに条件がしぼれてきました。

じっくりと検討した結果、両親が喜んでくれる老人ホームが見つかりました。

かいごDBの評判
.
初めて家庭教師を頼む方へ
【 2013年07月16日付 13時39分 発行 by ネットの声 】

a1180_007196.jpg

家庭教師を子供につけようと悩む母は多いと思います。
特に中学・高校・大学受験という節目に向けて、家庭教師をつける事で合格に少しでも近づけたいと思うのは当然です。

そこでどんな家庭教師を選んで良いかというのは非常に難しいです。

高学歴の人、合格実績が多い人を選択するのが無難である、という風に考えがちですが、これもそうとは言い切れません。
高学歴の人で、他人に教える適性の無い人も居ます、名プレイヤーが優れた指導者では無いように、むしろ教えるのが滅茶苦茶に下手糞でモチベーションを下げるような人も居ます。

どの年代の子供に、家庭教師をつけるにしても、子供との相性は重要で、特にマンツーマン指導になりがちな家庭教師と子供の関係というのは非常に重要で、相性が悪いと伸びないです。
ここで言う相性は性格が合うとか問題ではなく、家庭教師が子どもの理解出来ている所、出来ていない所を見極めて、子供のレベルに合わせた指導を行ってくれる柔軟性があるかどうかです。

なので、一方的に教えて終わりとかではなく、親にどこが出来てどこが出来ていないかを、曖昧ではなく具体的に伝えてくれる人を選ぶのが良いですし、やはり家庭教師に任せ切るよりも、親と子と家庭教師による一つのチームを築ける体制を親側も作っていく姿勢が大事です。

派遣でも個人契約でもそこは変わりませんし、子供のレベルに合わせてくれない教師は、どんな名門校に沢山の生徒を放り込んでいても、自分の子供に合うわけは無いですし、何が出来て、何が出来ないかを把握せずに、漠然と授業を進めて消化していくだけでは身につきません。

料金は面談で決定し、何日指導するか、教科ジャンルや数で変わってきます。

理想を言うならば、子供が歩みたい方向の道を歩んだ先輩で、家庭教師に指導されたおかげで成績が伸びて志望校に受かったというよな体験のある先生なら、生徒も話を聞きやすく進めやすいです。
.

 | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。