感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
アポロ月面着陸の真実を検証!月着陸映像は本物だったのか?
【 2009年11月22日付 19時52分 発行 by ネットの声 】

アポロ計画には、数々の疑惑が指摘されている。
疑惑を持たれている以上は、直ぐにでも月に有人着陸して証明するべきだが、それが出来ないのは何故か?
普通の実験では、再現性の無いものは科学的には認められないのは当然のこと。
正式に認められるためには、あらためて月面着陸をして再現するしかない。
このページでは、アポロ月面着陸の情報を随時更新して掲載する。

moon.jpg
月面は、真空のはずなのに旗が揺れている。

アポロ計画の矛盾点
アポロ計画において撮影された写真において矛盾点が散見される。
あるいは当時の科学・技術水準を考慮すると、月面への往復は不可能ではないかという推論が成り立つ。
主なものは以下の通りである。

写真・映像に関するもの
1. 月面で撮影されたはずの写真なのに、空に星が写っていないのは何故か。
2. 月面は真空であるはずなのに、写真や映像に写っているアメリカ合衆国の国旗(星条旗)がはためいているのは何故か。
3. 月着陸船の影に当たる部分も、はっきりと写真に写っているのは何故か。
4. 影の方向が、写真内でバラバラになっていたり、長さが違うのは何故か。光源が複数あるためではないのか。
5. 月面に着陸船が下りる際、噴射の反動で大きなクレーターが出来るはずなのに、それが写っていないのは何故か。
6. 月面で宇宙飛行士が楽しそうにジャンプしている映像があるが、重力が弱く真空の月面でジャンプすれば空高く飛ばされる筈なのに、何故飛ばされないのか。
7. 宇宙飛行士の背中の箱に、飛行士を吊り下げるワイヤーらしきものが見える。
8. アポロ11号で月面着陸当日に撮影されたという映像と、翌日4km離れた場所で撮影されたという映像の背景(石の形状や配置など)を重ね合わせると、完全に同一である。
9. 月面の宇宙飛行士の動きを倍速にして見ると、地球での人間とまったく変わらない動きになる。
10. アポロ計画で使われたカメラには、被写体の大きさを測るために十字が刻まれているが、そのいくつかが欠けている写真がある。
11. 月面の石に「C」の文字らしきものが書かれているのが写っている写真があるが、石をセットの小道具として配置した際のミスではないのか。
12. 前景(月面)と遠景(山地)の間に境目の線が写っている写真があるが、山地を背景に描いたセットを用いて撮影した跡ではないのか。
13. 月で撮影された写真はどれも露出・構図が完璧なものとなっているが、手袋をはめた状態でファインダーのないカメラで撮影した写真が、このような完璧なものばかりとなるのは不自然である。

科学・技術に関するもの
1. 月へ往復する際、ヴァン・アレン帯(1958年発見)と呼ばれる放射線帯を通過する必要があるが、1960年代の技術でそれを防げたのか。

Allen.jpg

2. 月面の温度は日中ではかなりの高温になるはずだが、それに宇宙飛行士は耐えられないのではないか。また、カメラも故障してしまうのではないか。
3. アポロ計画の中でも月面着陸に関するミッションのみ成功率が異常に高く、地球周辺の実験やその後の火星に送られる簡単な無人探査衛星は失敗続きだったのはなぜか。
4. アポロ計画の後、アメリカが地球軌道より向こうへ人類を送っていないのはなぜか。
5. 地球の天文台や無人の月探査機から、アポロの痕跡が見えそうなものだが、報告されていないのはなぜか。
6. 着陸船・司令船に組み込まれたアポロ誘導コンピュータの性能は、自動車や80年代の家庭用ゲーム機のそれよりも劣るのに、なぜこれで月まで航行することが出来たのか。
7. 月面に設置されたというレーザー反射鏡を使った実験は、アメリカで行われたもの以外成功していないし、現在は行われていない(大槻義彦)。
8. アポロ11号が持ち帰ったとされる月の石は、東京大学の研究で何の成果もあげられなかった。つまり、地球に存在する石と変わらなかったのはなぜか。

伝説系のもの
1. オーストラリアのパース周辺で、アポロの映像にコーラ瓶が映っていたと証言した者がいる。
2. アポロ1号の事故による3人の死亡者は、NASAの政策に反抗したための犠牲者ではないか。トーマス・ロナルド・バロンがアポロ計画は不可能であると証言したが、これは隠蔽されてしまっているのではないか。

その他
1. 米アポロ計画の貴重なデータを記録した磁気テープの原本700箱分も行方不明になったのは、何かの隠蔽工作ではないのか。

kunren.jpg

アポロ計画は20世紀最大のヤラセだった!

(1)NASAは月面に照明機材などを持って行っていないと公式に発表しているにも関わらず太陽以外の光源が複数確認できる謎。
さらに太陽光だけでは照らす事が絶対不可能な影の部分に宇宙飛行士が第二の光源によって反射して輝いてる謎。

(2)違う背景だと発表しているにも関わらず後ろの山がいつも同じなのはなぜ?角度が違うだけ。

中には先ほどの場所にあった宇宙船ごと消えているのはなぜ?

(3)大気が無い筈の月面で星条旗が風によって蠢いているのは謎。

(4)ワイヤーで吊るされたとしか考えられない宇宙飛行士の意思に反した奇妙な運動能力。

中にはワイヤーが光に反射して光っている場面が多々見られる上に宇宙飛行士が落した物体が地球の重力と同じ物体速度で落下する謎。
月面の重力は地球の6分の1。

(5)アポロ月面着陸が完全なヤラセである決定的証拠。
ヴァン・アレン放射帯に対するシールドを何ら施さなかったアポロ宇宙船。
ヴァン・アレン放射帯の放射線量は、太陽フレアの活動と大きく関係している。
人類が始めて月面着陸を成功させた年は、1969年。
この年数こそアポロ月面着陸が完全なヤラセである証拠に他ならない。
何故なら太陽フレアの最活動期は、1969年なのだ。ヴァン・アレン放射帯の放射線が殺人的放射線を放出しているにも関わらず世紀のヤラセを行うアポロ月面着陸船は放射線による対策を何ら行わなかった事が判明しているからだ。
番組の中でNASAの技術スタッフが詳しく証言していた。
さらにNASAは、ヴァン・アレン放射帯のドーナツ状のバリアの幅を大きく過小評価していた事がわかっている。
太陽フレアの最活動期にも関わらずにだ。120%あの宇宙船でヴァン・アレン放射帯を通過し、月面に着陸してまたヴァン・アレン放射帯を突破する事は技術的に不可能なのだ。
あの装備では宇宙飛行士は、第一突破で即死している。バズ・オルドリンは40年近く経った現在もピンピンしている矛盾。
ここで驚くべき映像が流された。
月面に着陸した宇宙飛行士たちは、ヘルメットのシールドをはずして月面歩行している点だ。
これこそ月面に行ってない証拠と言えるだろう。

(6)月面では、宇宙線や放射線の影響で撮影機材に影響が出るがアポロ月面活動を捉えた映像が鮮明なのは説明不可能。

宇宙船や放射線の影響を最小限にとどめるには、撮影機材を鉛で覆わないといけないにも関わらずアポロが持っていた撮影機材には、特別な補強はしていなかった事がわかっている。

(7)アメリカと同規模の技術があるにも関わらず月面有人飛行計画をやろうとしなかった旧ソ連の謎。
アメリカが人類初の月面着を1969年に遂げて、国家の威信が傷ついた旧ソ連が何十年経とうが一切の月面有人飛行をしようとしなかったのはなぜなのか。
考えうる最大の回答は、「月面に人類を送り出し帰還させる事は技術的に不可能」だという事をソ連は知っていたという事だ。

(8)アポロが月面着陸したという国家ぐるみのヤラセを真実続けるオメデタイ人々の肯定論を占めているのは、月面には、電波台があるという事です。
しかし、番組の中で検証された分析では、地球から月面に向かって電波を飛ばしたものを跳ね返しているだけだと主張している。
月面には、無人探査機で打ち上げられたレーザー反射鏡が置かれているようです。

(9)スペースシャトルに変えたのはなぜなのか?
多くの人々がスペースシャトルで月面着陸をしたと勘違いしているようだが全然真相は違う。
月面に着陸した宇宙船は、ナチス科学者が中心になり開発したサターンVロケットである。
ここで驚くかもしれないが実は、スペースシャトルはサターンVロケットより非効率で金食いロケットである。
スペースシャトルは、打ち上げ失敗が相次いでいるがサターンVロケットの打ち上げ失敗は一度もない。
なぜアメリカは、常識を超えた月面着陸というありえない偉業を遂げたサターンVロケットから非効率なスペースシャトルに変えたのか?
この謎は意外と簡単。アポロは月には行かなかったのだ。

(10)実は、米ソは宇宙開発において友好関係にあった。
米ソの宇宙開発の中心を担った科学者達は、ナチスの科学者たちでした。
ナチスが愛二次世界大戦で崩壊し、米ソへと連行され自国の宇宙開発に協力させられた。
その動きを見ると米ソの間で密約が交わされ宇宙開発において友好関係にあったと安易に想像できる。
そうなると公だってアメリカのアポロ計画もヤラセも批判できないし、旧ソ連が行ったガーガーリンのヤラセも批判できない。
実に巧妙なヤラセの世界で生きている。
ヒトラーに言わせると「嘘は大きいければ大きいほど大衆は信じるのだ」
そうこの世界はフィクション・ワールドなのだ。
アポロ月面着陸の真実


アポロ月面着陸映像は本物か?捏造にキューブリックも関与 1/2


アポロ月面着陸映像は本物か?捏造にキューブリックも関与 2/2



アポロ計画は科学的に捏造できます。
これは全て正しい情報を元にした科学的な事実です。
「知識人」や「専門家」の言に惑わされることなく、
「自分の目」で見て「自分の頭」で考えることが大切です。

1.月面車の走行で舞い上がった砂の動きは地球では不可能
 →埃になるような細かい砂を排すれば可能
 ttp://www.youtube.com/watch?v=UX8KHq5pp5g
 また、映像は当時のものとしても不自然なほどに画質が悪い

2.各国が宇宙からくるアポロの無線を受信した
 →月面から人が無線を発信したことは検知してない
 なお、交信したのはアメリカだけである

3.各国がアポロの置いてきた地震計や反射鏡で実験している
 →ソ連も無人機で月に反射鏡を置いている

4.数万~数十万のNASA関係者に嘘をつかせることは不可能
 →全貌を把握するのは一部でも可能
 また、「数万~数十万の関係者」はアメリカの自称

5.月の石は日本を含む世界中に提供されている
 →無人機で取ってくることもできる
 なお、40年間も本物とされていた月の石が偽物だったこともある
 ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009082802000241.html

6.無人機で月の石を合計382kgも持ち帰ることは不可能
 →一度に持ち帰る必要はなく「合計382kg」もアメリカの自称
 また、展示するために国外に配布された月の石は40年間で「合計2.8kg」
 ttp://www.lpi.usra.edu/captem/displays.pdf

7.当時の技術で大きな月の石を無人機で回収することは不可能
 →大きな月の石は対米従属的な国へ僅かに貸し出されたのみである
 なお、日本の万博でもアメリカは大きな月の石を執拗に出し渋った

8.かぐやに噴射後の痕跡が写り、LROには発射台の台座が写った
 →写真は加工できるし、何かがボンヤリ写っていても無人機で置ける
 また、かぐやはアメリカの圧力で作らされたJAXAのプロジェクトである

9.著名な科学者は誰も陰謀説を支持していない
 →日本では陰謀説の正当性を検証することがタブーになっている
 世界的な物理学者である大槻義彦はアポロ計画に疑問を呈したところ、
 学会で総スカンを食らうなど理不尽な圧力を受けたという

なおアポロ計画の成果とされている資料を研究する国は数多くありますが、
資料が提供された国はアメリカのアフガン侵略に賛成した国々のみです。

またアポロ計画の成果が有人探査によるものだという証拠を提示したのは、
現在のところ世界192国のうちアメリカ1国だけです。

(参考)他に世界192国のうちアメリカ1国だけが証拠を提示した事件
 ・日本による南京30万人虐殺
 ・アルカイダによる9.11同時多発テロ
 ・イラクによる大量破壊兵器開発

以下、ネットの声

11 :名無しSUN:2009/11/21(土) 08:13:44 ID:xekk6kxq
日本では、向こうの一流学者の評判を取った本を翻訳することが、学者の仕事のようなものである。
そういう国だ。自分が作った理論(仮説)を、現実社会に投げ込んで、実験してみて、その成果を
厳密に測定する、というような態度などまったくない。ただひたすら、学者と自称する連中が、
「トーマス・クーンの「パラダイム」paradign 理論は、カール・ポパーの「反証可能性 (falsefiability
フォールスファイアビリティ)とはちがう」「いや、似ている」というような議論をえんえんとやる。
そういう国だ。その程度の国だ。壮大な社会実験など、やらなくて済むし、やるだけの土俵もないし。
みんな、紙と鉛筆と自分の研究室、の3つしかない。それでも、企業サラリーマンとなって会社奴隷になって
働かされるよりは格段にまし、ということか。
日本では大学か公立の研究所に籍を置かなければ、知識人生活はおくれない。そうでなければ、貧乏な、在野の、
一匹オオカミの雑文業者でしかない。江戸時代の傘貼り浪人か、寺子屋の先生をやることに等しいのだ。私は
ずっとこれをやった。そのかわり、国民の方は、学者と雑文家の差というか、社会的区別をあまり認めないから
おもしろい。すぐれた文章家が、学者より高い尊敬を集める。その程度の国だ。
だから、司馬遼太郎を私は、そのうち、徹底的に、砲撃する。彼は文章がきわめてうまいというだけの人だ。
あの文章は、英語(ヨーロッパ語)には翻訳できない。だらだらと非論理的な話が果てしなく続くからだ。
副島隆彦「属国日本論を超えて」p40~41

13 :名無しSUN:2009/11/21(土) 08:16:57 ID:xekk6kxq
ちなみに、私は、サイエンス(science ラテン語なら scientia スキエンティア)を、「科学」と訳すのが
大嫌いです。「科」の「学」、一体の何の意味だ?
そこでずっと「学問、近代学問」と訳して使い続けています。そうすると、scientist サイエンティストの
ほうも「科学者」という訳語を使いたくなくて、そのため長年自分で勝手に不便を感じて困っています。
「近代学問者」ではどうもよくありません。それで仕方なく時々は、「科学者」を使います。私は、
ナチュラル・サイエンス natural science は、「自然(についてに)学問」、ソシアル・サイエンス
(social science 政治学、経済学、社会学の総称)は、「社会(についての)学問)と書きます。
「自然科学」、「社会科学」という言葉を、極力使いたくない。

副島隆彦「人類の月面着陸はなかったろう論」P208~209


14 :名無しSUN:2009/11/21(土) 10:01:32 ID:cqgNcGnH
アポロ捏造の協力者はいるだろう。
彼らから秘密がリークしないのは、軍事機密がリークしないのとおなじだ。
軍事機密がリークしているというなら、今一番アメリカ国防省が騒ぐくらいの内容をここに挙げてくれ。
それが出来ないならアポロ捏造に関する情報も隠ぺいしうるのだ。

16 :名無しSUN:2009/11/21(土) 10:10:06 ID:cqgNcGnH
月面映像の7不思議
1 旗がエネルギー保存則を無視した振れ方をしている。アポロ17
2 飛行士が立ち上がる時に、左手と右足のみを使って立ち上がってくる。
3 サンプルケースが異常に高速に落下する。初速が付いたという説明がなされているが、該当する外力はどこからも与えられていない。

24 :名無しSUN:2009/11/21(土) 19:10:57 ID:cqgNcGnH
捏造説が間違いなら再現しないが、その場合本当に肯定厨の主張が正しいか追試する必要がある。
しかし、合理的に考えれば捏造派が先でも肯定痴が先でもどちらの場合にも肯定厨の主張に基づいて追試は避けられない。
だから肯定厨が先に追試すべきだ。
そこで再現しなければ自動的に捏造説が正しいことが証明できる。

52 :名無しSUN:2009/11/21(土) 23:14:13 ID:cqgNcGnH
アポロ信者は追試出来ないからでしょ?
でも、それって科学的に認められていないって事を図らずも証明している。
となると、証明義務はアポロ肯定厨にあるな。

75 :名無しSUN:2009/11/22(日) 11:01:03 ID:St4qI1hd
[3034] ナチュラル・サイエンスは政治に従属する 投稿者:山田宏哉 投稿日:2003/05/10(Sat) 22:06:59

初めに断っておくと、私は1969年7月16日(月面着陸があったとされる日)の真実がどうであったか、現時点では
わからない。考える材料を集めている最中だからである。ただ、人類の月面着陸が実は嘘っぱちの政治的演出
だったとしても、政治の性質を考えれば、ことさら不思議なことではない、と思っている。

もっとも、私が興味が持ったのはむしろ副島先生の「月面着陸なかった論」に対する多くの理科系の人たちの
激しい反発だった。私はすぐに、理科系の人たちは「ナチュラル・サイエンスは政治に従属する」という大きな
事実から目を反らしたいのだ、と気付いた。
たしかにそれはそうで、プロ野球の選手が「野球は玉遊びにすぎない」と本当のことを言われて怒るのと同じである。
自分の存在を否定されるのと同じだからである。
(中略)
だが、私は、学問や知識に関しては妥協を許さないため、以下、意地悪に見えようとも「学問の独立」や「自然科学の
中立」といった考え方がいかに理科系の人々の願望にすぎないか、ということを今話題のアポロ計画を辿りながら嫌と
いうほど示そうと思う。
(中略)
パークはここで宇宙開発は政治であったと、あからさまに書いている。つまりは、「ナチュラル・サイエンスは政治に
従属する」という私が何度も言っていることだ。(私は自分の考えの正しさを専門家の権威を借りて証明する、という
方法は嫌いだが、思考力の足りない人には効果的だと思う)
(中略)
もっとも、私が言いたいのは、何度も言っているようにこのようにナチュラル・サイエンスは究極的には政治に従属
するものであって、理科系の人たちにはこの問題を見てみぬ振りをすることはできない、ということだ。
この大きな事実を見ずして「私は科学の専門家です。門外漢はだまっとれ」みたいな態度で知識をひけらかさないで
ほしい、とかねてから思っている。(了)

85 :名無しSUN:2009/11/22(日) 12:42:55 ID:ybdfOJNV
そういえば旗にワイヤーが入っているなどといっていたと学会の捏造説を否定したのもエリックだったな。
日本のアポロ肯定厨の恥をさらした滑稽な出来事でした。

176 :名無しSUN:2009/10/28(水) 01:12:43 ID:aoqA/Gs5
>月の石はどうやって捏造したと問えば、捏造派からはバラバラの解答が返る。
>1人は無人探査機で採取したと言い出し、もう1人は隕石だよと言い出す。

もしかしたら全て正解なのかもしれない。
40年間も月の石と思われていたものが木の化石だと分かった事件もあった。
つまり月の石は

 ・隕石
 ・無人機による回収
 ・よく似た偽物で代用(例:木の化石)

の3種類があり、他にも

 ・アポロ計画後に有人でコッソリ取ってきて、さも60年代に取ったかのように見せかけている
 ・実はソ連が取ってきたものを諸悪の根源であるユダヤから視線を逸らすために裏でアメリカに流した(=ソ連は二極構造の悪者・敗者を秘密裏に演じた)

という可能性もある。
もちろんただの可能性。
だが、可能。

これが不可能だ、ありえないと決め付けるなら、科学的にそれを証明してね。

273 :名無しSUN:2009/11/01(日) 19:11:28 ID:Wfd41fKF
え、まだ月に着陸した証拠だせないのか。

280 :荷車の騎士 ◆r/IXIm23Ts :2009/11/01(日) 19:50:12 ID:WmyiVXM
で?
アポロによる有人月着陸が捏造だ、という証拠はまだ出せないのかい?

科学のルールでは、今までの説に反対するほうが
証拠を出さなきゃならないんだよ。

アポロ計画による有人月着陸を肯定する証拠なら、
・アポロ計画で撮影された写真や動画
・アポロ計画で月面から採取されたサンプル
・ALSEPによる月面からのデータ
・アポロ計画で月面に設置されたレーザー反射プリズムと、
 それによる地球-月間の距離測定結果
・アポロ計画関係者の証言、及び著書
・LROによる画像
が存在するが。

281 :名無しSUN:2009/11/01(日) 20:07:46 ID:hC/3D7tP
>>280
撮影された動画は加工されたものだって証明されてる。
サンプルも月のものじゃないって証明されてるやん。
アポロ関係者は多くが自殺したり精神障害になってるし、
キューブリックや計画の最高責任者のその後を見ると・・・。
LROにアポロの船体が写ってないのはなぜ?

282 :名無しSUN:2009/11/01(日) 20:36:15 ID:Wfd41fKF
>>280
定説はアポロ捏造だよ。
マスメディアもそう報じているしね。
これに対し決定的な証拠をひっさげて反論出来た者はいない。
自己満足レベルでアポロは月に着陸したことが証明出来たと宣うゴミ番組ならいくつかみたけど、(mythとか)何の根拠も証拠も提出していない。

323 :名無しSUN:2009/11/03(火) 07:45:07 ID:xwfBz/Je

陰謀論を信じる人は理解力が少々足りないようだが、アポロの月面
活動は巨大な
スタジオで撮影されたインチキだ。あれはスタジオ内のセットだった。

そのスタジオだが、設計の段で空気を抜くことが不可能だと早くか
らわかってはいた。
「それならいっそ真空の地にスタジオを建造すれば、機密性とコン
プレッサーの
問題は難なく解消する」という案が出された。事後ではあるが、議
会も承認している。

そしてプランどおりに、月に巨大なスタジオが建造されて、その内
部で活動のふりをした
お芝居が行なわれたというわけだ。確かに狂っているかも知れない
が、地球上で真空の
大空間はとてもじゃないが作れないので、アメリカは手っ取り早く
安上がりな方法を選んだ。

474 :名無しSUN:2009/11/08(日) 06:07:04 ID:uD1VPvWX
アポロが事実なら証拠が出せるはず。
なにも捏造であったことを証明する必要はない。
逆にアポロが事実である証拠が無い、かつ資料の矛盾から捏造説が有力になる。

489 :名無しSUN:2009/11/08(日) 09:46:49 ID:aiJhqcEc
いまのところ捏造派がちょっと優勢だな。真実派は必死すぎて痛い。
なんでそんなに必死に捏造派を攻撃するんだ?
捏造だと思う人がいてもいいだろ。
真実だと思う人がいてもいいし。

490 :名無しSUN:2009/11/08(日) 09:55:12 ID:uD1VPvWX
アポロ月着陸を最も疑っているのが肯定派ご自身だからさ。
否定派は彼らの猜疑心を再認識させるらしくそれゆえ感情的になるんだ。

542 :名無しSUN:2009/11/09(月) 06:16:24 ID:/M0oT344
アポロの試料の研究はルナの地質データや、その後のクレメンタインや
ルナプロスペクターのデータも併せて相当詳細な研究が世界中で行われている。
それらのデータが偽物なら、そもそもかぐやの詳細な探査結果と、
偶然にもピッタリ合致するなんて事は起きようが無い。
「有利だから、不利だから、」なんていう判断の余地なんて無いんだよ。
全く無関係な場所で地形測量したのに、全部同じ値になった、みたいな話だよ。

普通に考えたら、もし日本が、アポロが捏造だと知っていて
アメリカに不利な結果は発表しない、という気があるなら
そもそも相当詳細な探査を予定しているかぐやを月に送ろうなんて考えない。
もしそれでも送るなら最初から嘘データ発表するしか選択肢が無い。
でもそれだとかぐやを月に送る理由が無い。

543 :名無しSUN:2009/11/09(月) 06:17:17 ID:/M0oT344
仮にもし「アポロに不利な結果が出たら公表しない」という判断を
日本がしていたと仮定するなら、
・まず日本はアポロが捏造だと(仮定して)知っているのか知らないのか。
知っているならそもそも最初からかぐやを送る発想は生まれないはずで、
・送る目的は何か。
知らなかったとして、もし探査の結果初めて知ったのなら、
・それを公表しないと判断する理由は何か。
判断する理由があったとして、だとしたら
・事前にアメリカと結果の公表に対する話し合いなどはなかったのか?

そういう過程の説明があって初めて「アポロに有利だから公開する」とかしないとか
の話が成立するのであって、
そういう過程の説明なしにいきなり「アポロに有利だから公開する」とか
言い出されてもそれは、何か自分の中で勝手にいろいろストーリーが出来上がってる
変な妄想を語ってるとしか言いようがない。

553 :名無しSUN:2009/11/09(月) 23:54:26 ID:4OuqKoLP
まとめといた。
相変わらず情報源にアメリカ支配国を挙げる馬鹿へ。

↑ユダヤ資本主義の総本山
↑ アメリカ・イギリス・イスラエルなど

↑敗戦により上記に隷属した国
↑ 日本・ドイツなど

↑対米自立を唱えているが実情はユダヤ資本国
↑ フランス・カナダなど

↑旧共産国(冷戦は茶番)
↑ ロシア・中国・キューバなど

↑社会主義国(アメリカありきの社会保障制度)
↑ 北欧諸国など

これらの国が関わった証拠は、疑わしいので証拠にならない。

これらの国が関わった証拠は、信用できる。
↓反米・反ユダヤ主義国
↓ パレスチナ・リビア・イランなど

後者側からの証拠を出せないのなら肯定派は、証拠がない陰謀派と同等の信用度しか持たない。
後はどちらを信じるか、それは人しだい。

554 :名無しSUN:2009/11/10(火) 00:01:28 ID:4OuqKoLP
つまりかぐやの話は全く無意味なんだよ。「全てが茶番」だから。
JAXA自体がアメリカの奴隷なのに何を言っているのやら…。
「きぼう」についてちょっと調べればJAXAの正体が見えてくる。

>でもそれだとかぐやを月に送る理由が無い。
日本が太鼓判を押す形になって、得したのは誰だろ。そのくらい自分の頭で考えなよー

今後しつこくJAXAだのの情報を引き合いに出すレスは荒らしとみなす。
信用できないと言っているのに、何度もそこから情報を持ってきてるのは本気で馬鹿なのか?
頭大丈夫?

560 :名無しSUN:2009/11/10(火) 02:11:44 ID:grAfXL/m
でもさ、アポロ計画陰謀論を否定する人でも、9.11陰謀論は信じるって人は結構多いんじゃない?
さすがにあれは誰がどう見ても科学的におかしいもんね
科学板としても公認できるかな?

アポロ計画陰謀論を 否定している人 に個人的な興味でアンケート
陰謀を信じてるものに○、信じてないものに×をつけてみて

 [ ]9.11陰謀論
 [ ]AIDS陰謀論
 [ ]SARS陰謀論
 [ ]豚インフル陰謀論
 [ ]真珠湾攻撃陰謀論

696 :名無しSUN:2009/11/14(土) 12:34:09 ID:lSU5IjLX
そう。アポロ捏造に携わった人間は、墓に秘密を持っていくつもりなんだな。
アメリカが崩壊しない限りな。

699 :名無しSUN:2009/11/14(土) 13:08:30 ID:lSU5IjLX
アポロ写真の不自然さに気付いた人はいい感覚しているね。
放射線を浴びているにもかかわらず、荷電粒子の飛跡が全くないんだよ。
月面自体もガンマ線を強く出しているから写真は全体的にかぶりやノイズだらけになるはず。

783 :名無しSUN:2009/11/15(日) 13:18:24 ID:SruYqcPL
アメリカの
これからの宇宙開発は遅れるばかりです。

有人月着陸は
予算が無いので
アメリカは今後達成する事はありません。

他の国が
アメリカよりも先に有人月着陸をするでしょう。

有人月着陸、宇宙開発等に関しては
今後アメリカに期待出来ません。

40年前にアポロは有人月着陸をしたそうです。

また行こうと思っても
アメリカには予算が無いので無理です。

そのアメリカよりも予算が少ない日本が
今後、宇宙開発に関してリードします。

841 :名無しSUN:2009/11/17(火) 10:21:55 ID:qEmaCtpd
捏造だと証明されたらアメリカ終了だよ。
だから、世界中の人が捏造だとつきつけても
アメリカは認めるという選択肢が無い。
よって捏造派に勝ち目は無い。
アメリカ国民全員が認めても、捏造は無いと言わなければならない。

842 :名無しSUN:2009/11/17(火) 11:22:30 ID:wy1xR4Zj
アメリカが強い国だったころだとそうなんだろうけど。
弱っているからなあ。

855 :名無しSUN:2009/11/18(水) 08:43:25 ID:XPWJmPce
マスコミの言うことを100%信用することはできない。
情報操作されていたり、規制がかかる可能性があるから。

ではNASAの発表が100%信用できるのか。
都合の悪いことは隠蔽しないまでも多少表現のニュアンスを変える可能性はある。
発表していない事実もあるだろう。

では、関係者の出版した本が信用できるのか。
出版物にも検閲がはいるだろうし、関係者が執筆したからと言って、
内容を100%信用することはできない。
真実を煙に巻くために虚偽の本を真実として出版するケースもある。

そういうことでしょ。

NETがこれだけ普及したことで個人レベルで情報を発信できるようになったから、
かなり情報量としては増えている。
が、それを逆手に取られて真実と嘘が氾濫しているのがNETだと言える。

情報の中に潜む真実を嘘を選別することが必要だ。

だから、アメリカは有人飛行で月へ行ったんだろうと推察する(そこに隠された・未発表の事実があるかもしれないが)
だから、アメリカは有人飛行で月から石を持ち帰ったんだろうと推察する(そこには隠された・未発表の事実があるかもしれないが)

そういうことなのではないでしょうか?

(続く)

856 :名無しSUN:2009/11/18(水) 08:48:39 ID:XPWJmPce
(続き)
事実であるとして示されているソース。
肯定派はそれを信じ、捏造派は信じない。

そのソース自体がどうして本当だと言えるのか。
アメリカが発表しているから?
NASAが発表しているから?
マスコミを通して発表しているから?
関係者が執筆した本として出版されているから?

与えられた情報を100%信じることはできません。
自分で実験・考察できるのであれば自らの体験として信じることはできますが。

ですがこのアポロについては個人での実験・考察は不可能です。

なので現在得られる情報を100%信用することはできないとすると、
だから、アメリカは有人飛行で月へ行ったんだろうと推察する(そこに隠された・未発表の事実があるかもしれないが)
だから、アメリカは有人飛行で月から石を持ち帰ったんだろうと推察する(そこには隠された・未発表の事実があるかもしれないが)
となるわけです。

得られる情報を100%鵜呑みにする肯定派
得られる情報は100%捏造だとする捏造派

どちらも一歩引いて考えて見たほうがよいと思います。

真実は実際に関係した一部の人間にしかわからないものです。

荷車の騎士さん、くろそんさん、捏造派のみなさん。
いかがでしょうか?

857 :21世紀青年:2009/11/18(水) 10:27:46 ID:XPWJmPce
私はどっちかっていうと肯定派なんですけどね。

ただそこには発表されていない隠された真実があると思っています。
たとえば15号は行ったけど11号は行ってない・・・とか。
これは例えです。
11号が行ってないと言っているわけではないですから。
隠された真実、発表されていない事実が必ず存在する、と思っているということです。

肯定派の方(荷車の騎士さん、くろそんさん等)もソースがこれでだから月へ行ったんだ!
じゃなくて、隠されているであろう事実、歪曲されて発表されたかもしれない事実を暴いていただきたい。
そんなものあるわけない、などと言わないとは思いますが・・・。
どんな歴史的な物事にも「事実の隠蔽」「事実の歪曲」はあります。
語り部によって伝わり方もかわるのは歴史の流れをみれば至極当然のことですから。

捏造派の皆さんは、ただ示されたデータが端から捏造である。の一言で片付けるのではなくて、
隠された真実、歪曲された事実についてもっと検証してもらいたい。

この情報社会で得られる情報・データは多いですが、
トレサビリティの取れる情報というのは案外すくないものです。
その少ない情報を精査して、隠された事実を是非暴いていただきたい。

発表されていない事実がない、歪曲された情報がない、なんてことは無いわけですから。
.

312 : TREKTOS:2011/09/15 : 15:30 ID:30312151509
東西冷戦の最中に創られた神話である。

353 : おかしいぞ:2012/06/22 : 15:24 ID:24353221506
http://www.asios.org/apollo.html#q25

フランスが作ったバラエティー番組が、捏造の証拠になるのでしょうか?
著名人が大勢出ていますが、彼らはアポロについて捏造とは一言も言ってませんが、それに元KGB工作員やニクソン大統領元秘書など架空の人物も大勢でて
いる時点で、単なる冗談番組で信憑性ゼロと言えるのではないですか。

一番おかしいのは、映画プロデューサージャックトランス(架空の人物)の
話。ロケットの打ち上げはハリウッドのスタッフ700人が仕事を放りだして
撮影したというお話。


354 : LRO:2012/06/27 : 23:02 ID:02354272306
ここに述べられている疑惑については、すべて以下のサイト等で反証されていると
思いますが、
http://www.asios.org/apollo.html
http://moonstation.jp/ja/popular/story03/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AB%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%81%AE%E7%9F%B3
http://www.jaxa.jp/press/2008/05/20080520_kaguya_j.html


356 : H:2012/07/01 : 00:55 ID:55356010007
このスレ息が長いね。
アポロは思い出すだけで笑える。元気になるよ。
吉本なんかよりよっぽど笑える。
何れ、ゲロするんだろうけど、無意味に頑張るよね。
アメリカがもうすぐ転けるから、その時かな。楽しみ。
全く、面白い時代に生きていて幸せだよ、ほんと。

371 : はっしー:2012/07/27 : 23:49 ID:49371272307
「煙のないところに火をつける」

それがアメリカという国です。

以上

375 : 名無しさん@ネットの声:2012/08/10 : 08:32 ID:32375100808
別に月着陸したからってサイエンスが進化したものってないし。政治ショーだってことでは、これ以降NASAへの見る目が変わったから、今の火星探検(有人)が真面目に検討されているのでは?なぜ、月はいかないからって?
それはスポンサーつかないし、今の火星探検以上の価値ないでしょう?
中華がそのうち月探検するっていうから、日本と中華で競ってみれば。

391 : 七氏権米:2012/08/29 : 23:58 ID:58391292308
まえから思っていたことだが、アポロの月面着陸がほんとうだというなら、以下の二点の疑問を解決してもらいたい。 

①高濃度の放射線の塊のバンアレン帯をあの程度の装備で通過しても被爆しないのか
 (アメリカ以外の国が同じようなロケットを有人で打ち上げて大丈夫だったらOK)

②ハッセルブラッド社製のなんの特殊なカバーもしてないフィルム式カメラで、X線ガンマ線が
 強力な月面であのような鮮明な写真が写せることが可能なのか?可能なら実験してみて



427 : 名無しさん@ネットの声:2012/10/16 : 09:49 ID:49427160910


432 : 名無しさん@ネットの声:2012/11/02 : 15:43 ID:43432021511
同時多発テロも捏造だろうし、国家レベルの捏造を平気でやる国だから。
完全に証拠隠滅できた同時多発テロと違い、月着陸が捏造と確認できる頃は当時の
関係者は誰も生きてないだろうと踏んでるんだろうな。

439 : 名無しさん@ネットの声:2012/11/26 : 03:26 ID:26439260311
あの当時で月に行けたんだから今の技術力なら余裕しょ とりあえずはソ連に勝ったからか 今は火星に力いれてるからか
当時映像じゃなく月と地球で肉眼でわかるなにかできたろ 大体NASAは情報隠しすぎだから誤解招くんだよ。   
   

472 : ハルキ:2013/03/09 : 18:24 ID:24472091803
まず、旗が揺らいでいるのは、月面では空気がないため揺らぎません
ですがアメリカはソ連と競争をしていたためどうしても旗を揺らめかせたかったのです
だから旗にワイヤーを入れていたのです

477 : 名無しさん@ネットの声:2013/04/14 : 15:19 ID:19477141504
すげえなあ、副島隆彦みたいな精神異常者に騙される馬鹿なんてまだいるんだ…

483 : 名無しさん@ネットの声:2013/05/07 : 01:55 ID:55483070105
この説信じてる人まだ居たんだ・・・引くわ。

484 : クロエ 財布:2013/05/07 : 20:00 ID:00484072005
この引数は、ぶっきらぼうにジュエリー市場の消費者事業の広範な現象が素人にこの弱点任意の価格設定を使用することを指摘した。 クロエ 財布 http://chloeebuyahoo.masa-mune.jp/

492 : reiseijin:2013/05/11 : 18:14 ID:14492111805
人類はまだ月に行ってないと思います。
「行った派」と「行ってない派」での色々な根拠上の論戦は多々ありますが、
極々単純に考えて、その後全く月に行っていないし、他の国も行かないし、
本当に行ってたのであれば『国際宇宙ステーション』なんかより真っ先に月面基地なんじゃないのかな?と思います。

おそらくこの問題(行ったか行ってないかの答え)は、時が解決してしまうと思っています。
これからの将来、本当に本腰を入れて『人類月面着陸』の実現計画の時が来たとして、
様々な実験、検証、等をして行く過程で、それは証されて行くでしょう。
「あれはウソでした。」等という会見や発表をわざわざする必要はありません。
もうその時は、世間一般人のレベルでも「なーんだそうだったのか、やっぱりね」という段階にまで世論は成長してますからね。
今はまだあの(1969)事を信じるなと言うのは無理でしょう。
『天動説』が『地動説』になったように、この問題も間違いなく治まるべき姿に落ち着くでしょう。
そしてその未来には、本当に人類の月面着陸の夢が現実になっている事を信じています。



509 : 名無しさん@ネットの声:2013/06/28 : 19:57 ID:57509281906
40人の教室で解説しよう。

トップ3:科学的・技術的に月面有人着陸は不可能に近いとわかっているが、めったにネットなんかに書き込んだりしない。時間の無駄だから。

4位~8位:信者になんとか科学面、技術面、経済面、社会面など多方面から月面有人着陸の難しさと、アポロ計画の矛盾を説明しようと、ネットにも書き込んだりするが、信者の狂信ぶりに呆れて、このスレを去る。一部、辛うじて立ち止まる。

9位~37位:ここが2つに分かれる。
アポロ捏造派:バラエティやネット情報から陰謀論や宇宙人説に飛びつき、得意げにネットに書き込み。反論されてるとムキになる。アポロ信者を真正のバカと思っている。

アポロ信者:アポロ捏造派の無知を啓蒙するぐらいの使命感からネットで狂信的にアポロの正しさを熱弁するが、1位~8位までの意見との区別がつかず、だれかれかまわず食らいつく狂犬。反論されると、速攻調べて他人の説を受け売り。スレの最後が自分でおわると独りで勝ち宣言。アポロ捏造派をかわいそうな無知と思っている。

ワースト3:アポロは、チョコしか知らない。


513 : からあげクン:2013/07/27 : 19:06 ID:06513271907
現在、月に有人で行くのは不可能です。
2020年でも月に行けません、最先端のアメリカでもね。
2030年には、もしかしたら、月を目指すどこかの国が行けてるかもしれません?
これが現実なのです。orz 

515 : 名無しさん@ネットの声:2013/08/02 : 21:28 ID:28515022108
アポロ11号の月面着陸シーンが捏造だと判明しました。
次の2つの動画を見てもらいたい。

アポロ:ttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52094291.html
の最初の動画

かぐや:ttp://www.youtube.com/watch?v=FZoPzzqy_-0

◇かぐやは100kmからの映像(0:25辺り)。
◇これが正しいとすると、アポロの高度は50km~10kmぐらい(0:12辺り)か。
◇それが、着地寸前では、どうひいき目に見ても高度1km以上の映像(0:35辺り)

アポロ着陸寸前の地面のようす(①とする)と、NASAが提供した月面活動の際の地面のようす(②とする)を比較してもらいたい。

◇①は砂の質感がまったくなく、石膏かなんかのようななめらかさがある。やぐやが高度100kmから撮影した月面に酷似している。
◇②は表面には全体的に1mm~3mm程度のごく普通の砂漠の砂や小石のような質感がある。ここには、なぜかクレータがない。あるのは、クレータっぽい穴ぽこだけ。クレータの輪の縁が立っていない。地球上では風化されてそんな形では残らない。

これは、何を物語っているのだろう。アポロ11号の月面は書割なんだよ。人間目線の月面を知らないから、月周回の際の映像(もしくは天文望遠鏡の映像)を参考にしたんだろうな。これは、NASAの致命的なミスだな。



539 : :2015/03/04 : 12:40 ID:40539041203
このコメントは管理者の承認待ちです



トラックバックURL → http://2chinfo.blog88.fc2.com/tb.php/278-eeedb9c1


<< 前のページ  | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。