感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
ドバイがついにデフォルト。債務不履行宣言を発表。
【 2009年11月27日付 00時32分 発行 by ネットの声 】

11月26日(ブルームバーグ):アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールドは25日、全債務について支払い繰り延べを債権者に求めた。同社は590億ドル(約5兆1700億円)の債務を抱えている。ドバイ政府はこの日、国債発行で50億ドルを調達した。

1_20091127003653.jpg

ドバイ・ワールドが全債務返済繰り延べ要請-国債保証料急騰

  ドバイ・ワールドは返済繰り延べの交渉を進める間、全債権者に対し「静止合意」を求める。ドバイ政府の財務担当機関が25日電子メールで発表した。繰り延べ要請した債務には、傘下の不動産開発部門ナヒールのイスラム債35億2000万ドル相当(12月14日償還)も含まれる。米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、繰り延べ計画はデフォルト(債務不履行)と見なすことも可能だとして、複数の政府系企業を格下げした。

ニューヨークの経済調査会社、ルービニ・グローバル・エコノミクスの政府系ファンド担当シニアアナリスト、レイチェル・ジエンバ氏は「ナヒール債の返済繰り延べは、ドバイがどの債務を全額履行できるのかをめぐる市場の不安を煽っている」と指摘し、「ドバイは死に物狂いの様相であり、市場は長期的にドバイの債務が減らず増大していくと懸念している」と述べた。

  CMAデータビジョン(ロンドン)によると、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)によるドバイ国債の保証コストは25日、116ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、1月の取引開始以降で最高の434bpに達した。国債のCDSスプレッドとして6番目の高さで、アイスランドを上回る。

2_20091127003701.jpg

償還期限
  ドイツ銀行のデータによれば、ドバイでは国債と社債を合わせ、来月に43億ドル、2010年1-3月(第1四半期)に49億ドルが償還期限を迎える。

  ドバイ政府がこの日発行した国債50億ドルは、アブダビの国営銀行、ナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)、イスラム銀行のアル・ヒラルが全額を引き受けた。ドバイの財務省が25日、明らかにした。

4_20091127004331.jpg

  財務省は声明で、「ドバイ・ファイナンシャル・サポート・ファンドは再編責任者とともに、必要な債務再編の度合いの査定を開始する」とし、「第一歩として、ドバイ・ワールドは同社とナヒールの債権者に対し、『静止』と少なくとも来年5月30日までの返済繰り延べを求める」と表明した。額面1ドルのナヒール債は80セントに下落した。

  信用危機と不動産下落で同国の金融・観光業界が打撃を受け、ドバイは200億ドル規模のドバイ・ファイナンシャル・サポート・ファンドを設立していた。ドバイ当局はドバイ・ワールドの債務再編に向けて会計監査法人のデロイトを起用した。

  ドバイのムハンマド・ビン・ラシド・マクトム首長は昨年11月に、国債発行は成功するだろうとし、アブダビの協力は疑いの余地がないと強気の姿勢を示していた。アブダビは世界最大の政府系ファンドを持ち、UAEの油田のほぼすべてを握っている。ドバイは中東の金融の中心となることを目指していた。

  ナヒールが8月20日に明らかにしたところによれば、ドバイ・ワールドの債務は08年末時点で593億ドル。資産は996億ドルだった。

3_20091127003712.jpg

ドバイの債務不履行

ドバイ政府はとうとう債務不履行宣言をし、590億ドル(5兆2000億円)の債務繰り延べを要請すると発表しています。

今回の債務不履行は『ドバイワールド』と『ナキール(不動産開発会社)』分だけであり、民間分を入れれば債務不履行額は20兆円にも達する恐れがあり、ドバイに貸し込んでいる世界中の金融機関が震撼する事態になります。

このドバイの債務不履行が今後東欧諸国、北欧諸国に波及し、ロシアの金融危機から金融崩壊へ発展するのは避けられず、あとはどれだけこの崩壊の時間を遅らせる事が出来るかになります。

金が上昇していますがこの上昇が世界中の金融システムが崩壊するのを予言していたとすると今後【金】は急騰しヨーロッパ金融市場がメルトダウンし【ユーロ】は崩壊し、世界は暗黒の時代に陥ります。

世界の金融市場に警鐘が鳴り響いています。 以下、ネットの声

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/10/11(土) 23:00:01
世界バブルの国は砂漠の砂に埋もれるでしょう。。すべては夢でした。。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/10/11(土) 23:28:11
まさに砂上の楼閣のような国
いつか崩れさると思います

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/10/11(土) 23:37:36
ドバイにはすごい高層ビル住宅とか建ってるけど、人口100万人
だからほとんど空き家と思われ。投資対象物件だろう。実需が無い
ということに誰かが気づいて売りに出したときがバブル崩壊だ。
もう、時限爆弾みたいなもんだな。

8 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/11(土) 23:49:34
①世界経済の情勢から資金を引き上げている
②急激な原油安によるオイルマネー流入減が今後起こる

467 :名無しさん@お金いっぱい。:2009/11/26(木) 22:38:51
米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、
繰り延べ計画はデフォルト(債務不履行)と見なすことも可能だとして、複数の政府系企業を格下げした。

政府系ファンド担当シニアアナリストは「債務の返済繰り延べは、ドバイがどの債務を全額履行できるのかをめぐる市場の不安を煽っている」と指摘し、「ドバイは死に物狂いの様相であり、市場は長期的にドバイの債務が減らず増大していくと懸念している」とした。  

デフォルト きたーーーーーーーーーーーー!!!!!!

468 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/11/26(木) 23:16:31
「観光」はちゃくちゃくと色々なもの(クラブワールドカップも来年からドバイです。F1や遊園地やルーブルなどなど)が
揃ってきているので、どこの国よりもエンターテイメントが揃っている国として確立されるでしょう。
フリーゾーンや税制優遇や中東マーケットを中心に、コストをシビアに考えれば考えるほど、
競争力の高いドバイは今以上の企業が進出してきて、「金融」「運輸・輸送」も伸びるでしょう。
その結果、人口が増え、経済活動が活発になり、物価・地価・株価も先進国に近づいていくでしょう。
細かい説明は割愛させてもらって乱暴な書き方になってしまいましたが、大枠はずれてないです。
もとから株式や不動産で儲けますという国ではないので、今回確かに、インパクトはありましたが、
数年で見れば、そんなに大きな問題ではないでしょう。
見失っていけないのが、まだ砂漠がほとんどで、これから成長していく余地が大きい。
そしてその計画と根拠となる資金が潤沢にある。このような国は世界で見てもほとんどないでしょう。
将来性で見て、トップクラスの国であることは間違いないのではないでしょうか?

469 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/11/26(木) 23:21:14
>>468
俺は個人的に、ドバイはヤバイと思う。
北斗の拳実写版のロケ地として最適だから誘致すべき。
きっとすごい廃墟として使えるようになる。

470 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/11/27(金) 00:02:21
>>466
しかし、この原油高なのに破綻とはねぇ・・・。
( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

471 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/11/27(金) 00:31:56
>>470
ドバイは原油でないので 原油高はマイナス要因です。
.



トラックバックURL → http://2chinfo.blog88.fc2.com/tb.php/283-a6d5b969


<< 前のページ  | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。