感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
地球が宇宙人に支配(侵略)されている理由
【 2012年07月08日付 02時25分 発行 by ネットの声 】

こんにちは ネットの声の管理人です。

突然ですが、「人類は宇宙人に支配されているのかも知れない」・・・と思っています。

大爆笑wwwと思われますか?
それでも構いません。
自分でも書いていて狂っているかもと少なからず自覚しています。

でも、このような妄想をすることは結構楽しいものです。
外れたり、間違えたりすることも多々あると思いますが、いつか真実に辿り着いてみたいです。

とりあえず今、自分が感じていることを書いていこうかと思います。
フィクションの創造の読み物としてワクワクするような話が書きたいです。

世界支配について
ロックフェラーやロスチャイルドなどの世界を支配しているようですね。
ロックフェラーがアメリカを支配、ロスチャイルドがヨーロッパを支配しているのでしょうか。

想像ですが、
日本を支配しているのは韓国、後ろ盾はアメリカ。
韓国を支配しているのは北朝鮮。北朝鮮を支配しているのは日本でしょうか。
アメリカを支配しているのはイギリス、イスラエルあたりでしょうか。
なんか複雑に絡み合っています。

おっと、国単位で考えるのはナンセンスでした。
国際資本家は国境を越えた組織でした。
でも便宜上、国という概念で考えると分かりやすいというメリットもあります。

ここで一番強い国はどこかを考えました。
日本よりも強いアメリカ、、、そこを支配しているイギリス。
イギリスの母国語は英語。
世界で英語を使用している国は、アメリカ、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド等80か国以上あります。
英語が世界共通語である以上、イギリスが世界で一番強い国、世界制覇を成し遂げた国であると仮定できます。

「勝者イギリス!」

2013年現在、イギリス国王を国王とする国

オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、パプアニューギニア
バハマ、ジャマイカ、ツバル、ソロモン諸島その他 合計16ヶ国

2013年現在、イギリスを連邦盟主とする国

インド、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、ガーナ、ウガンダ
ケニア、ナイジェリア、タンザニア、南アフリカ 合計計53ヶ国

覇権国家イギリスは世界中の富を集めて贅沢三昧。
国の国民全員が、毎日、豪遊で人生パラダイス・・・となっても良いはずですが、どうもそうなってはいない。


また、各国を支配している成功者達も、それほどスバ抜けた贅沢をしているとは感じません。

金だけは沢山持っていても生活レベルは、そこら中に居る小富豪クラスの人たちと、それほど変わらない生活スタイルに感じます。

理由は各国を代表する政治家、財界人であっても何でも自由に出来るということは無いから。
表向き周囲に敵なしのトップでも実質は、お伺いを立てて許可を得ないと動けない。

なので普段の生活レベルは小富豪とあまり変わらないようです。
お互いが監視し合って、なんとなく窮屈な生活です。

これは日本だけでなく世界各国の要人に共通していることだと思います。

ここで一つの疑問が生じました。

「人類に勝者っていなくね?」


ここで世界支配の概念を取り払って
一つ上の見解「地球支配」の視点から考えてみます。

まずは、地球支配シミュレーションゲームをやってみます。

地球支配ゲームスタート!
地球上の人間を全員支配するには、まず支配者の存在を絶対にしられないことが絶対条件です。
支配の計画がバレたら国民の怒り心頭、見つかって袋叩きに合ってゲーム終了が予想されます。

すくなからず高度知的生命体である人間を支配するには簡単ではありません。

まずは誰しも仕事をしないと生活できない社会のシステムを作ります。
人間を毎日仕事で忙しく働かせて考える時間と暇を与えない。

あとはテレビを使って、食べ物番組、お笑い番組などの深く考えさせない娯楽を提供します。
報道番組も真理に近づく番組は一切タブー、意味のない芸能ゴシップや茶番の政治劇場などを流します。

番組の運営は自国民には任せられないです。
どこか他の国の人を選任します。
日本ならば、そうですね。在日韓国人の方に管理をお任せします。


そして銀行を運営して国民にお金を貸します。
銀行は、実質、土地を担保にしてくれれば、その土地の価値に見合ったお金を幾らでも貸します。
貸した後に利息を、せっせと払ってくれれば良し。
貸した人が破綻して返せなくなっても、担保の土地が手に入ります。

銀行の特権として存在しない架空のお金を貸すことが出来る。
手持ち1億しか持ってなくても10億円の融資が可能です。

本当にノーリスク、ハイリターンです。
貸せば貸しただけ、土地とお金がどんどん入ってくる。

世界恐慌の大不況なども銀行にとっては逆に嬉しかったりします。
貸したお金が利子を付けて完済されてしまっては旨みが無いからです。

銀行にとってはお金が全額戻ってきても嬉しくないです。
理想はギリギリまで利子をたっぷりと払ってくれて、最後に土地を献上してもらう。

これが一番美味しいです。
私が地球支配ゲームで勝つとしたら、このパターンです。

仕事で生活費を稼ぐことに精一杯で他に考えられないようにして、最強の金融システムを使って合法的に全ての土地を自分のものにします。

これで地球支配が完成します。

支配人にとって理想の地球とは、


「人間を活き活きと飼育する」


これが理想的です。
人間はピチピチ、プリプリとしていて新鮮で活きが良いのが一番です。

ヨボヨボして生気がない人間を飼育しても旨みがありません。

元気な活きの良い人間を飼育することにこそ価値があります。


それでは、現在の地球を考えてみましょう。

私は、ほぼ完ぺきに人間の飼育が実現出来ていると思っています。

そして人間は飼育されていることに気が付いていません。

もちろん、人間に気づかれたら地球支配ゲームは終了するので慎重に推し進めています。
当然の配慮です。



続く


今の地球は

人間動物園」だと思っています。

支配側から見ると、とても興味深い観察対象になっていることでしょう。

続いて、進化論について



進化論は嘘だと思います
たぶん設計者がいます。

昔、流行したゲーム作成ソフト「RPGツクール」のように遠い将来は


昆虫DNA作成ツール」、「動物DNA作成ツール」(生命ロボット製造装置と付属作成ソフト)を購入すると


好きな生物が作れるようになる日が来るかも知れません。



創造論の教えでは


神が人間を作った」と書くから胡散臭くなっていると思います。


もっと分かりやすく

地球外生命体が(猿と豚に類似した)を遺伝子を改変させて人間を作った」と書いた方が まだ説得力があるのではないでしょうか。(黒人は黒豚、白人は白豚)



「現実は実在しない」と真剣に議論され始めています。




2014年1月5日

最近になって「宇宙はコンピューターシミュレーションで創られた仮想現実である」という研究が始まっていると聞きました。

今、私たちが居る世界、否、宇宙丸ごとホログラム(立体映像)であるという説です。


これは可能性あると思っています。


多くの人々が体験しているデジャブ(既視感)は原因が分からず
今のところ迷宮入りとなっています。


ですが、パラレル宇宙が存在すると仮定すると光明が見えてくるのではないでしょうか。


この説が正しければ、

今、地球を支配している地球外生命体も同様にホログラムである可能性が高いです。

そうなると地球人も奴隷なら宇宙人も奴隷

同じ実験対象の奴隷仲間として仲良く暮らしていけそうです。


そしてもう一つの可能性が見えてきます。

タイムマシンの原理は物質移動ではなくデータ転送」という仮説です。



人類が経験しているデジャブがサーバーのバグが原因であると仮定すると

もしメインサーバーに自由にアクセスすることが出来るならば、瞬間移動やタイムトラベルが可能となる理論が証明できると思います。


現代の空間像再生型立体テレビを 究極的に進化させると

「現実世界を映像にできる」ということになるのかも知れません。


2014年2月17日

原子レベルで物質を再現できるレプリケーターという装置をご存知でしょうか。
本物のリンゴと同じ物を、レプリケーターで作りだしたりできます。


(氷の結晶が、あまりに規則正しい分子配列なので不思議に思っていました。自然現象というよりもプログラムデータで作りだしていると仮定すると、しっくりときます。)


瞬間移動やタイムマシンは、この技術を使っていると思います。

これを究極的に応用すると

現実世界をレプリケーターで再現して複数のパラレル世界を作れるのではないでしょうか。

.



トラックバックURL → http://2chinfo.blog88.fc2.com/tb.php/347-79d024e7


<< 前のページ  | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。