感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
小説の作り方
【 2012年11月13日付 08時07分 発行 by ネットの声 】

a0002_008670.jpg


小説を書き、文学賞に応募するのが私の趣味です

私の趣味は、「小説を書く」ことです。
私はもともと読書が好きで、小さい頃からたくさんの本と接してきました。
大人になってから、自分でも物語を書いてみたいと思うようになり、創作を始めました。

自分で物語世界を構築し、登場人物を設定し、ストーリーを練り上げます。
そしてそれを文章にします。
大袈裟に言えば、無から有を生み出す作業です。

小説を書くためには、思考をフル回転させ、想像力を目一杯膨らませます。
その上、自分が持っている表現力や語彙を総動員し、分かりやすい文章を書かなければなりません。

また、常に読んで下さる方の視点を意識し、自分の作品を客観的に見つめる必要があります。
かなり大変な作業ではありますが、それだけにやり甲斐があります。

人は誰でも、一生に一本の小説が書けると言われています。
まずは、自分で考えたオリジナルストーリーを書くケースが多いことでしょう。

また、自分の体験を元にして、ノンフィクションを書き上げることも可能です。
また、人生を振り返って自叙伝を執筆するのもおすすめです。

書くことが好きな方なら、楽しく取り組めるはずです。
興味のある方は、是非一度取り組まれることをお勧めします。

私は、小説を書き、出版社や新聞社などが主催する文学賞に応募しています。
時々、一次選考や二次選考を通過できることがあります。

そういう時は、自分の作品を認めてもらえた嬉しさを噛みしめます。
そして、さらにいい作品を書こうと意気込むのです。

これからも、積極的に創作を続けていこうと思っています。



キャラクター小説の作り方
.



トラックバックURL → http://2chinfo.blog88.fc2.com/tb.php/372-a1d02a30

まとめ【小説の作り方】
小説を書き、文学賞に応募するのが私の趣味です私の趣味は、「小説を書く」ことです。私はもともと読書が
まっとめBLOG速報【2012/11/19 14:21】


<< 前のページ  | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。