感想レビュー

最新記事

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト
【 --年--月--日付 --時--分 発行 by ネットの声 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
ゆったりマイペースに、とんちと工夫で楽しむお散歩を体感できる「おさんぽ大王」が今密かなマイブーム
【 2013年02月04日付 07時16分 発行 by ネットの声 】

oam11.jpg

おさんぽ大王の全巻セットです。

須藤真澄さんの「おさんぽ大王」という漫画が大好きです。
エッセイ漫画で、作者である須藤真澄さんが色々なところにお散歩しながら、独特の切り口で感想を述べ、読者を楽しませてくれます。

もともと、この方のファンタジー系の漫画から入った私ですが、今ではそれよりもこの漫画を好んで読むようになりました。
お散歩する場所は、東京都内にお住まいの作者が近所をぶらぶらしたり、または東南アジアなどの外国に高飛びしたりと、本当に幅広いです。

昨今の不況から、出版社からもらう取材費が微々たるものであることを嘆いたり、そんな状況でお散歩をとんちと工夫で楽しむ様が見て取れて、エッセイ好き、お散歩、旅好きのみならず、老若男女が幅広く楽しめる一冊となっています。

おさんぽ大王」は全7巻で、表紙の絵も非常に凝っています。
ちまちましたものが好き」と公言する作者の渾身の作品が、表紙とも言えます。

中の絵も可愛らしいのですが、やはり表紙にかけている情熱と労力はものすごく、正に「作者の本気」が見て取れます。
中身のゆるい絵と比べても、その差がなかなか面白いです。

忙しい現代社会において、ゆったりとマイペースに生きることを教えてくれる一冊、とも言えます。
海外旅行に行ってもそれは覆ることがなく、猫や猿と戯れる作者の姿に思わず羨望の眼差しを送ってしまいます。

最近、自分の時間を作ることが出来ないと嘆いておられる方にも、お散歩や旅行の疑似体験が出来る漫画として楽しんでもらいたいです。
.



トラックバックURL → http://2chinfo.blog88.fc2.com/tb.php/378-16482a12


<< 前のページ  | Home  | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。